愛犬の大敵は滑りやすい床材

愛犬家のあなたにとって、かわいい愛犬が滑りやすい床は大きな心配事ではないでしょうか。

私が注目した、愛犬家の方に向けてのこんなアンケート結果があります。

質問: 愛犬と生活する上での住居の悩みはありますか?

回答数1位 犬の足腰に負担がかかる 床のすべりや段差 53.4 %
回答数2位 ニオイ                  50.7 %
回答数3位 壁や床などの傷・汚れ           41.1 %

※ベネッセコーポレーション「いぬのきもち」より引用

このアンケート結果からも半数以上の愛犬家の方が「滑りやすい床や段差」で悩んでいるようです。

犬にとって滑りやすい床は踏ん張りがきかないため、歩いたり走ったりする時に足腰に余計な力が入り、負担が大きいです。
その状態が続くと、股関節形成不全や椎間板ヘルニアなどを発症する恐れがあり、最悪の場合は後遺症が残ることもあるのです。

これは、庭に関しても例外ではありません。

というよりもむしろ、屋内では滑り止めの床や床へのコーティングなどいくつかの選択肢があるのに対して、屋外の庭に関しては残念ながら現状ではこれがベスト!と言える素材がほとんど見当たりません。

私もそうですが、愛犬家のあなたも恐らくは愛犬には自由に歩いたり走ってもらいたいですよね?
それも、「ここは滑るかもしれない」「その段差で腰を痛めるかもしれない」という心配をすることなく!

でも、どんな床材を使ったら愛犬にも自分にとっても良いのか分からない・・・というのが現状です。

実録!ある愛犬家の深い悩み

<登場人物>
よっしー=ヒーデン事業部の人
やっしー=ヒーデン事業部の人
鈴木さん=犬を遊ばせる庭にはどんな素材が良いか?悩んでいた7頭の愛犬と暮らす愛犬家

やっしー
2年前の2014年。7頭の愛犬家であり、古くからの知人である鈴木さんからこんな相談を受けたことがあります。「庭で犬たちを遊ばせるのに芝生よりも良いものってない?」
よっしー
芝生はやっぱり手入れが手間だよね。雑草が生える、芝刈りをマメにしないとならないし。面積が広いと余計に手間だよね。わんちゃんたちの足にはクッションが効いてやさしいんだけどね。
やっしー
では、鈴木さんにご登場いただき、もう一度当時の悩みを教えてもらいましょう。
愛犬家の鈴木様
では。当時は芝生を敷いていたんだけど、まず夏場は雑草取りや芝刈りなどの手入れがかなり面倒になっていたんだ。でも芝刈りしないと虫が大量に出るし。そして芝生が薄くなった部分は犬にどんどん穴掘りをされてしまって土がでてくる。そうすると、足が汚れるじゃないですか。

家に入れる時に足を拭くことが結構大変な手間なんですよね。タオルもたくさん使うから洗濯が大変。それから、ウンチをされた場合にどうしても芝生をキレイに拭き取れない問題もあったね~。

よっしー
お一人でわんちゃんたちと生活されていたから結構大変そうでしたよね。それと排泄物の問題は大きいと思う。大きい方はキレイに拭き取るのって無理なんだよね。
愛犬家の鈴木様
本当にそうなんだよ。それから、最初はコンクリート製の平らな板を敷いていたんだけど、その上は真夏になるとかなり熱くなっていたみたい。
やっしー
コンクリート製品は太陽の照り返しがスゴイから、人間よりも熱の影響を受けやすいわんちゃんたちにはかなり熱いでしょうね。
愛犬家の鈴木様
うちにはパグとかシーズーなどがいるから、暑さに弱いことは分かっていたんだ。でもコンクリートの板は庭の中の一部だったし、そんなに気にしてなかったんだよね。幸いに熱中症にはならなかったけどやっぱり危険な部分は直してあげないとなって思ったよ。
やっしー
鈴木さんのお宅にはワンちゃんたちがリビングから庭に降りる部分にタイル製の階段もありましたよね?
愛犬家の鈴木様
そうそう。タイルの階段の昇り降りなんかも実は危険だったんだよね。今の様子を見ていると楽に歩いているけど、当時は腰に負担が掛かっていたんだと思う。話ができない子たちだけにかわいそうなことをしてしまっていたよ。教えてもらって本当に良かったよ。
よっしー
そういった意味でもわんちゃんたちの足元ってとっても大切なんだよね~

施工事例)タイル製の階段の上にウッドチップブロックを貼り付け

タイル製階段施工前yajirusi_gra1_green施工後
よっしー
人もワンちゃんも滑る危険があった箇所を最小限の施工で危険解消した例です!

現状では最適と思えるウッドチップにも大きな欠点が・・・

以前に、愛犬にとって最適な床材とは?徹底検証!という記事内で現状の庭に使用されている素材について詳しく解説しています。現在までで愛犬にとって最適と言える素材はウッドチップ。次が芝生。多くの愛犬家の方たちの意見からもそう言えるでしょう。

ところが、そのウッドチップにもいくつかの大きな欠点があります!

欠点1 大前提として、ウッドチップの下の土壌の水ハケが良い事。水ハケが悪く、雨が降る度にいつまでも水溜まりが出来る土壌だとチップの劣化が比較的早くなる。

欠点2 犬がチップを食べてしまうことがある。やみつきになる犬も結構いる。→決して健康に良いとは言えない。それで口に怪我をすることもある。

欠点3 自然のもののために、ゆっくりと分解されて減っていく。つまり、放置しておくと、やがてはなくなってしまうので毎年補充し続ける必要がある。チップが薄い部分は徐々に汚れてきて土の地面と変わらなくなってくる。※目安としては年間1割強減っていく(10センチの厚みで敷いたら年間1センチ~2センチ減る)

重要なことは、高品質の素材を吟味して使わないと最大のメリットが得られません。

スギ・ヒノキ以外では高い消臭効果を得ることが難しいことや、加工が荒く安いチップだと、ささくれが出ていて愛犬の肉球に刺さりケガをする事があるのです。

 ウッドチップの欠点を解消した、新しいウッドチップブロック

ウッドチップブロックとは、私たちヒーデンが作りだした名称ですが、国産の間伐材をウッドチップにして、木から抽出した樹脂で固める特殊製法で誕生した天然素材です。

開発メーカーは㈱SIONさん。(正式名称はウィードロック)

私たちはこの素材が人にも愛犬にも非常にやさしいので注目しています。ウッドチップの良い点は引き継いで、弱点をほぼ克服した新しいウッドチップと考えて下さい。

以下は、ウッドチップブロックを敷いた場合のあなた様のメリットを挙げておきます。

雨の日でも滑らない

だから、愛犬は滑る床で足を取られることがありません。安心して愛犬を遊ばせてください。

固まってはいますが、チップとチップの間にあるミリ単位以下の小さな隙間がグリップの効いた滑り止めとなっています。

下記が雪の日に撮影した動画です。※信じがたいことに雪でもほとんど滑りません!

100%天然素材だが、自然と分解されて消滅することはない

ウッドチップは土に分解されてやがては消滅します。なので、毎年チップを継ぎ足していかなければなりません。

でもこのウッドチップブロックは、消滅することはありません。だから、毎年毎年チップを継ぎ足す手間は不要です。また、一部分が薄くなり土がむき出しになったり、愛犬に地面を掘られることはありません。

屋外用に作られていますので、耐久年数は約15年と木質製品では今までにない高い耐久性があります。

愛犬がチップを食べてしまうことはない

ウッドチップだと、食べてしまう愛犬が結構いるようです。健康に良い影響があるはずがありませんよね。

こちらはウッドチップを固めて下記のように硬いブロックにしているので、愛犬が食べてしまうことはまずありえません。

ウッドチップブロック
※一つ一つはこのようなブロックになっています。樹脂でしっかりと固まっているので、愛犬が口に入れたり、地面に穴を掘ることはできません。

毛や足が汚れないから洗う手間が掛からない

だから、家に入る時に汚れを落とす手間、タオルを洗濯する手間がなくなります。

ウッドチップブロックは下記のように隙間なくを敷き詰めます。だから、土の上を歩いた時ほど愛犬の足や毛は汚れません。
クッションウッドデッキ 

木の持つクッション性がやわらかい足元を実現する

だから、愛犬の足腰や関節に負担をかけることなく歩きやすいのです。特殊製法により、本来の木が持つ弾力性(やわからさ)以上にやわからさを引き出しています。

私たちがこの上を歩くと、フカフカとまるで絨毯の上を歩いているかのようなやわらかく快適な歩き心地が実感できます。
愛犬にとっても同様の歩き心地であることは間違いありません。

下記は、ゴルフボールをコンクリート製のインターロッキングブロックとウッドチップブロックの上に落とした実験
コンクリート製品とのやわらかさの違いは一目瞭然!

※左側がウッドチップブロック    右側がコンクリート製品

新しいウッドデッキ素材
木が本来持っている弾力性が愛犬と人の足腰にやさしい足元を実現。

真夏でも過度に熱くならない、照り返し防止機能

木の素材が熱を吸収して反射を抑えるので、コンクリートほどの熱さは感じません。

また、暑い日に水をまいておけば、ウッドチップブロックが水を吸収し保水してくれるので、打ち水をした後の涼しさを実感できます。

暑さに弱いパグ、ボストンテリア、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなどや、厚い被毛に覆われているシベリアン・ハスキー、ボルゾイ、グレートピレニーズ、シェットランド・シープドッグなどは地面からの照り返しによる熱中症が心配になりますが、水をまいたこのドッグランの上ならば安心感はグッと増します。

炭入りで脱臭・浄化作用が高い

ドッグランなどに最適になるよう、炭を混ぜた種類のウッドチップブロックがあります。こちらは、アンモニアの吸着による臭いの軽減・浄化の効果があります。より衛生的で快適な庭を実現することができます。

ささくれが出ないから安心

特殊製法でしっかりと表面を固めていますのでささくれが出ません。だから、愛犬の肉球にトゲが刺さってケガをする心配はありません。

ウッドチップを嫌がる愛犬でも大丈夫

ウッドチップの場合、足元がふわふわしすぎて嫌がる子がいるようです。こちらはやわらかい感触と言っても、固めてあるブロックなので、足元がふわふわすることはありません。しっかりとグリップが効いた木のやわらかさの上を歩くことができますから、普段お散歩が出来ている愛犬ならば何も問題ありません。

雑草が生えてこないから庭の管理がラク

ウッドチップブロックは地面(土)→砂利→砂→ウッドチップブロックというように何層もの上にブロックを設置しますので、雑草はほぼ生えてきません。だから、庭を管理する手間が省けます。

※施工イメージ図
ウッドチップブロック施工イメージ

 

ウッドチップブロックの無料サンプルを進呈します。

ウッドチップブロック 新しいウッドデッキ

ウッドチップブロックとはどんなものか?まずは実際に手に取ってその感触をお確かめください。詳しい資料もお送りします。その他お問い合わせもこちらからお願いいたします。

無料サンプルのお申込みはこちらをクリック 

詳細な見積もりをご希望の方はこちらをクリック

その他、メールでのお問い合わせはこちらへ

お電話でのお問い合わせはこちらへ
0283-22-9055
お電話は月曜日~土曜日9:00ー19:00
※「ヒーデンのホームページを見た!」とお伝え下さい。スムーズにやりとりができます。
また、お電話でのセールスは一切しませんので安心してお問い合わせ下さい。

環境・人体・愛犬にも配慮された安心安全の素材

<登場人物>
よっしー=ヒーデン事業部の人
やっしー=ヒーデン事業部の人
しーちゃん=ウッドチップブロック開発メーカーのお客様担当
しげちゃん=ウッドチップブロック開発メーカーの工場長

接着剤まで含めて100%自然素材

しげちゃん
このウッドチップブロックはすべて自然素材である木からできているんです。チップを固めているの接着材も実は樹脂から抽出した天然の木質接着剤を使用してるんで、100%自然素材なんですわ。(滋賀弁)
やっしー
100%とはこだわってますよね。
しーちゃん
原料となる木は、国産の間伐材や木廃材なんです。使用後には再生(リサイクル)が可能な製品で、再製品化または、バイオマス発電の固形燃料として利用してもらってます!(キッパリ!滋賀弁)

完全無公害の安全な製品

よっしー
それから、日本で定められている「土壌汚染法溶出試験」の35品目すべての基準値をクリアしているんだよね?だから、人も愛犬も安全に使っていただけるよね。
しーちゃん
その通りですぅ!

環境に配慮した公共の場でも利用拡大中

しげちゃん
このウッドチップブロックは関東ではまだまだ事例が少ないんですけど、京都付近では学校や区役所、歩道など公共事業にも多く使われているんですわ。
やっしー
京都は京都議定書が出されるなど、日本では環境意識が高い地域ですね。
しげちゃん
その通りですわ。
私たちのような新しいメーカーの製品が多くの利用者がいる公共工事に使用されるからには、よほど環境と人に配慮した製品じゃないとダメなんですよ。
しーちゃん
これってかなり厳しい基準をクリアしている製品ですからね。客観的に見て安全性は高いです。

施工事例ご紹介・お客様の声

<会話にも出てきた公共施設施工事例>

施工事例1)京都市内小学校
小学校で新しいウッドデッキ

校庭に使用。主にウンテイなどの遊具周りに使われて、活発に遊ぶお子様が転んでもコンクリートや砂の地面に比べてケガをしにくい。雨の日でも滑ることなく足腰にもやさしいので、思いっきり遊んでいただけます。

※こちらの小学校の事例は地元の新聞にも掲載されています~SION様HPより抜粋

【京都新聞】2014年6月

ウッドチップブロック新聞掲載

施工事例2)歩道に利用(京都市内)
歩道に利用されるウッドチップブロック

多くの人が利用する歩道。膝や足腰に痛みを抱える方は特に歩きやすいです。表面の塗装が薄れると自然とこのような色に変わっていくのが天然木の特長。決して腐っているのではありません。数年毎に再塗装することでより長持ちします。

ウッドチップブロックの公共性

施工事例3)京都市上京区総合庁舎玄関前
京都市上京区総合庁舎ウッドチップブロック

京都市上京区総合庁舎脇の歩道
京都市内歩道ウッドチップブロック

建物裏側通路
モダンな建物とも合うウッドチップブロック

近代的でモダンな建物にもマッチします。植栽と組み合わせて都会の中に一瞬の静寂が訪れます。

施工事例4)栃木県那須塩原市サッカー場管理棟周り
青木サッカー場ウッドチップブロック
青木サッカー場ウッドチップブロック
青木サッカー場ウッドチップブロック

<一般住宅施工事例>

栃木県矢板市K様邸
愛犬用ドッグラン
愛犬用ドッグラン

K様のご希望は、

・愛犬のトイプードルが自由に安全に遊べる専用のスペースが欲しい。

周りをブロック+フェンスで囲い、愛犬が飛び出さないようにし、その中を自由に遊べるスペースにしました。

栃木県大田原市F様邸
愛犬用ドッグラン
愛犬用ドッグラン
愛犬用ドッグラン

愛犬のミニチュア・ピンシャーが遊べる庭であると同時に、天然木の枕木を使用してウッドデッキをも併設している点にご注目下さい。

枕木囲い+ウッドチップブロック=新しい”クッションウッドデッキ”の誕生!

地面からの高さが50cm程度までならこのような新しいスタイルのウッドデッキを作ることが可能です。使用している枕木も天然木ですが、1~2年ですぐに腐ってしまうものではなく、24年経過しても健全な状態を保っている枕木を使っています。

※枕木の詳細は別ページに掲載中

F様のご希望以下の3つでした。

・小さな子供たちが自由に安全に遊べるようにして欲しい。
・愛犬が年をとっても安全で自由に遊べる庭を作って欲しい。(極端な段差や床の滑りなどを考慮して)
・家族や友人とバーベキューができるようなデッキスペースも欲しい。
施工後、F様にインタビューさせていただき、率直な声をいただきました。

 

ウッドチップブロックの無料サンプルを進呈します。

ウッドチップブロック 新しいウッドデッキ

ウッドチップブロックとはどんなものか?まずは実際に手に取ってその感触をお確かめください。詳しい資料もお送りします。その他お問い合わせもこちらからお願いいたします。

無料サンプルのお申込みはこちらをクリック 

詳細な見積もりをご希望の方はこちらをクリック

その他、メールでのお問い合わせはこちらへ

お電話でのお問い合わせはこちらへ
0283-22-9055
お電話は月曜日~土曜日9:00ー19:00
※「ヒーデンのホームページを見た!」とお伝え下さい。スムーズにやりとりができます。
また、お電話でのセールスは一切しませんので安心してお問い合わせ下さい。

費用の目安

愛犬の庭に適している芝生、ウッドチップ、ウッドチップブロックの3パターンで費用を比較します。
※現場の状況によって見積もりは変わります。あくまでも概算です。

①初回材料費用比較

1平方メートル(1M×1Mの正方形)あたりの材料費(税別表示)

○芝生
¥400~¥600程度
貼り手間は別途

○高品質ヒノキウッドチップ
¥3,200~¥3,600程度
敷き手間は別途

○ウッドチップブロック

<現在、ヒーデンサイト開設特別価格>
・消臭炭入りタイプ 長さ20cm×10cm 1個あたり定価¥300のところ➡¥210(30%OFF)
1平方メートル(1M×1Mの広さ)で50個必要=¥10,500

・ノーマルタイプ 長さ20cm×10cm 1個あたり定価¥250のところ➡¥175(30%OFF)
1平方メートル(1M×1Mの広さ)で50個必要=¥8,750

設置工事費は別途掛かります。工事費は現場を確認の上でないと出せません。

②年間維持費用比較

○芝生 ご自分の手間・時間がほとんど
芝用除草剤散布又は、雑草取り手作業、芝刈り、枯れた部分の貼り替え
※手間を金額に換算できませんが、材料だけなら1万円~2万円程度

○高品質ヒノキウッドチップ
10%~20%が自然分解として、1平方メートルあたり¥400~¥800

○ウッドチップブロック
設置後掛かる費用は、2年~3年に1回推奨の塗装費用(より長持ちさせるため)
1回の塗装費用は1平方メートルあたり¥300~¥500(目安)

施工後も安心のサポート体制

私たちヒーデンは、施工後からお客様との長いお付き合いが始まると考えております。

まだまだ新しい会社で施工実績は100件にも満たないですが、愛犬家のあなたのお悩みを解決していただく!という強い思いと、その場だけ良ければ良いという安直な考えは一切持ち合わせておりません。

「ヒーデンでやって良かった!」と実感していただき、お知り合いに宣伝やご紹介をしていただくことが私たちの願いでもあるのです。

施工時には、材料保護のためにウッドチップブロックに塗装をいたします(初回無料)。数年後再び塗装が必要な場合、ご自分で塗るならば不明な点はアドバイスいたしますし、ご依頼いただければ私たちが塗装もいたします。

また、天然の木であるがゆえに呼吸をしています。天候によって伸び縮みが生じるため、時々ではありますが、ブロックの一部が浮き上がってしまう、ヘコミが生じてしまうなどといったことが起こります。

遠慮なく連絡ください!喜んで手直しいたします。

新しいウッドデッキ安心サポート
ウッドチップブロックの施工に関係することに対しては、「それは知りません」「私たちには関係ありません」などと無責任な対応は絶対にいたしません。

また、お客様となっていただいた方には毎月、「丸商通信」というニュースレターをお送りしています。

これは、私たちの近況や、気持ちがほっこりと温まるような情報をお伝えする、お客様と私たちをゆるやかにつなぐ楽しい新聞・お手紙です。これを楽しみにしていただいているお客様もいらっしゃいます。

ウッドチップブロックの無料サンプルを進呈します。

ウッドチップブロック 新しいウッドデッキ

ウッドチップブロックとはどんなものか?まずは実際に手に取ってその感触をお確かめください。詳しい資料もお送りします。その他お問い合わせもこちらからお願いいたします。

無料サンプルのお申込みはこちらをクリック 

詳細な見積もりをご希望の方はこちらをクリック

その他、メールでのお問い合わせはこちらへ

お電話でのお問い合わせはこちらへ
0283-22-9055
お電話は月曜日~土曜日9:00ー19:00
※「ヒーデンのホームページを見た!」とお伝え下さい。スムーズにやりとりができます。
また、お電話でのセールスは一切しませんので安心してお問い合わせ下さい。